IT系の企業において、プロジェクトを進行させる際にはプロジェクトリーダーが統括者として指揮をとるのが一般的な形である。
しかし、プロジェクトそのものの全体管理も行いながら現場での仕事にも目を配るのは容易ではなく、現場のエンジニアやプログラマとプロジェクトリーダーの間で働く現場のリーダーとしてのエンジニアが必要とされることが多い。
それを担うのがアプリケーションエンジニアであり、システム設計から開発に至るまでの高い能力と豊富な経験が要求されることから資格試験も実施されている。

開発現場においてシステム設計を自ら担うことに加えて、プログラム開発の実施を実際にプログラマに行わせるという仕事を担うことから、システムエンジニアとプログラマとしての経験が要求される職種であり、その担い手は多くはない。
資格試験の合格率も低いことから、情報処理技術者試験の中でも難関と言われており、今後も有資格者の人口は伸び悩む可能性が高い。

しかし、担い手が少ない分、資格を取得することができればその需要は高く、将来的にプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーとして活躍できる人材の候補として重宝されることになる。
求人広告自体はそれほど多くはないものの、アプリケーションエンジニアはプロジェクトを円滑に進行させるためのキーパーソンとしての役割を果たすことから、その重要性が認識されるにしたがって求人募集も増えていくと予想される。詳しくは、こちらのサイトをチェックしてほしい>>>【http://engineerjobsmart.net/】