30代アプリケーションエンジニアの年収額は、およそ450万程度だと考えておいて大きく外れてはいないはずだ。ボリュームゾーンがその辺りなので、ほとんどの人が400から500の間だと思っていればいい。
少ない人でも300万円代で、多い人なら1000万円近い金額をもらっているので、儲かる仕事だということに間違いはない。

求人の質は比較的高く、仕事もやりがいがあると言っていいだろう。ただ、アプリケーション開発は自分でもでき、副業として自由に稼いでいくことができるので、本業の収入だけで総年収は計れないものである。
人によっては副業だけで本業と同じぐらい稼いでいる人もいるぐらいなので、その点には注意が必要だ。

本業の450万に副収入を合わせて考えると、やはり割はいい仕事だと言える。
かなりの稼ぎが叩き出せるというのは、さすがはIT業界の中でも花型職業だと言える。まさにいまノリにノッている業界であって、今後も求人案件数は右肩上がりに増えていくと考えられている世界なのだ。

これからはさらに高度なスキルを持っている人材の獲得競争が激化していくと予想されている。
ハイスキルを持っているなら、各企業から引き抜き合戦の対象とされることも夢ではないのだ。ヘッドハンティングをされると、通常のルートでその会社に入るよりも多くの収入を得ることができるので、儲かる度合いはまったく変わってくる。
安定した人生を過ごしていける仕事だ。