webエンジニアやアプリケーションエンジニアという言葉には、なにか最先端とかクリエイティブなどといったイメージがもたらすカッコよさがある。実際、そこで開発されているものが最先端でクリエイティブなシステムであることは、あながち間違いではない。

ただし、すべての開発がそうであるわけではなく、むしろ、ありきたりでルーチンワークな開発が大半を占めているといってもいいぐらいだ。
しかも、その仕事といえば、延々コードを打ち込んだり、デバッグ作業を何時間も続けたりという非常に泥臭いものであり、カッコ良さなどは程遠いところにある。

さらに、その職場環境はデスマーチと呼ばれるほど劣悪で、そのことが知れ渡った今では求人募集を出してもなかなか人が集まらないのが現状だ。ここまで外面のイメージと内実のギャップが大きな職業もなかなかないだろう。

ただ、例外は存在する。スーパープログラマーやスーパーエンジニアと呼ばれている高度技術者たちだ。こうした人たちは最先端のシステムを自ら考案し、それをクールなやり方で形にしていく。
まさに、カッコいいと言われるそのイメージを体現している存在だと言えるだろう。

しかし。そんな者は1000人に1人いるかどうかだ。それ以外の者がイメージのギャップを埋めようと思えば、フリーエンジニアになるのもひとつの手だ。スーパーエンジニアみたいな卓越した存在ではないが、独自で最先端の技術を学んでいくことは可能である。