アプリケーションエンジニアは、現代の日本において花形的な職業だと言っていいだろう。特に注目されているのが、スマートフォンのアプリ開発である。
スマートフォンはすでに我々の生活に密着しており、その機能を無限に広げてくれるアプリは常に注目の的である。

人気のアプリになるとダウンロード数は100万を超え、大変な反響を巻き起こす。しかも、日本だけに留まらず、世界中に広がっていく可能性もあるのだ。
それだけに、この仕事のやりがいは相当なものである。

とはいえ、開発を行うには高いスキルが要求され、アプリケーションエンジニアの数も常に不足している。そのため、企業も求人には積極的であり、開発に興味がある人間にとっては、今はチャンスの時期だと言えるだろう。アプリには非常に大きな可能性があり、ちょっとしたアイディアが大ヒットにつながることになる。このチャンスを掴もうと思えば、まずは開発の場に立つことである。

そのためにはひたすらスキルを積んでいかなければならない。同時に、アイディアの元となる発想力を鍛えることも大切である。
普段からメモを持ち歩き、友人や家族の話、あるいはテレビや雑誌の情報にもアンテナを張り巡らして何かのひらめきがあれば、すぐに書きとめておくことが大切だ。そうした習慣を身につけることで発想力は次第に身についていくはずである。
そうして、スキルと発想力の両方を備えれば活躍の場は大きく広がっていくだろう。